RBRC02940

Information1

Image
BRC No.RBRC02940
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Gng8<tm1.1Hsak>
Former Common nameGγ8ノックアウトマウス
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development開発者/機関:今井猛先生、坂野仁先生開発年:2004年その他(入手経路等):大阪大学・岡部勝先生との共同研究で作製129 由来の ES 細胞株 D3(大阪大学岡部研究室)を用いて相同組換えを行い、キメラマウスを作出した。キメラマウスを C57BL/6 および EIIa-Cre Tg マウス(Jackson lab)に掛け合わせることでヘテロマウス、null allele を得た。これらを兄妹交配することでホモマウスを得て維持している。
Strain description主に幼弱嗅神経細胞で発現する Gγ8タンパク質をコードする遺伝子 Gng8のコーディング領域を ES細胞にて Gng13-Neo カセットに置換し、さらにその ES細胞から得られたマウスを Cre Tgマウスと掛け合わせることで Gng13-Neoカセットを抜いた。Gng8遺伝子のnull変異体。ホモ欠損マウスにおいて、これまでのところ嗅覚系に大きな異常は見いだされていない。
Colony maintenance兄妹交配特記:ヘテロ×ヘテロ or 野生型
References

Health Report

Examination Date / Room / Rack2010/07/05Room:2-3Rack:C
2010/05/10Room:2-3Rack:C
2010/03/08Room:2-3Rack:C
2010/01/12Room:2-3Rack:C

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Gng8guanine nucleotide binding protein (G protein), gamma 87Gng8<tm1.1Hsak>targeted mutation 1.1 Hitoshi Sakano

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP7loxP

Information2

供与核酸Phage P1 loxP site, Mouse Gng8
Research applicationCell Biology Research
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
寄託者(開発者)の承諾を得る(連絡先:takeshi.imai@gmail.com)。本件リソースを利用した第一報は寄託者との共同研究/共著を必要とする。
Depositor坂野 仁(国立大学法人東京大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data