RBRC02886

Information1

Image
BRC No.RBRC02886
TypeCongenic
SpeciesMus musculus
Strain nameEOD/ThpNkc-Cno<cno-II>/Nkc
Former Common nameMutant-EOD (mut-EOD)
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainEOD [MRL, BXSB]
Appearance
Strain development開発者/機関:樋渡卓郎先生(日本化薬株式会社)開発年:1996年(MRL/MpJ-lpr X BXSB/MpJ)/ThpNkc(EOD)の30世代目に見出されたCappuccino遺伝子の突然変異体を系統化した。兄妹交配にて維持。
Strain descriptionヘルマンスキーパドラック症候群の原因遺伝子であるcappuccino遺伝子を有する。したがって、Mut-EODマウスは、ヘルマンスキーパドラック症候群の表現型を有する。さらに、Mut-EODマウスでは、EOD背景の自己免疫に起因する糸球体腎炎が軽減していた。したがって、Mut-EODマウスは、ヘルマンスキーパドラック症候群および自己免疫疾患の研究に有用である。
Colony maintenance兄妹交配特記:6週齢から交配を開始する。
ReferencesArthritis Rheum., 54, 2934-2943 (2006). 16948132

Health Report

Examination Date / Room / Rack2014/06/16Room:3-BRack:E
2014/04/21Room:3-BRack:E
2014/02/18Room:3-BRack:E
2013/12/16Room:3-BRack:E
2013/10/21Room:3-BRack:E
2013/08/26Room:3-BRack:E
2013/06/17Room:3-BRack:E
2013/04/15Room:3-BRack:E

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
FasFas (TNF receptor superfamily member)19Fas

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Cnocappuccino5Cno

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Yaaaccelerated autoimmunity and lymphoproliferation transpositionYYaaaccelerated autoimmunity and lymphoproliferation

Information2

供与核酸
Research applicationDermatology Research
Immunology and Inflammation Research
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Arthritis Rheum., 54, 2934-2943 (2006).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor日本化薬(株)(日本化薬(株))
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data