RBRC02699

Information1

Image
BRC No.RBRC02699
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Rapgef6<tm1.1Tkat>
Former Common nameRA-GEF-2<-/->
H-2 Haplotype
ES Cell lineE14TG2a [129P2/OlaHsd]
Background strainC57BL/6JJcl
Appearanceblack [a/a B/B C/C]
Strain development神戸大学大学院医学研究科・片岡 徹先生(2007)。E14TG2a ES細胞を用いて作出。Rapgef6 floxedマウスとACTB-Creマウス(Tg(ACTB-cre)13Miya)との交配によりloxPで挟まれた領域を除去。C57BL/6と129の混合背景(C57BL/6セミコンジェニック)。
Strain description低分子量G蛋白質Rap1に対する活性調節因子RA-GEF-2 (Rapgef6) 遺伝子のノックアウトマウス。エクソン21を欠く。ホモマウスは、正常に発育するが (妊性あり) 、Bリンパ球の腫瘍壊死因子α(TNFα)によるLFA-1依存性細胞接着の低下を示す。
Colony maintenanceHomozygote x Homozygote [or Crossing to C57BL/6JJcl]
ReferencesMol. Biol. Cell, 18, 2949-2959 (2007) 17538012

Health Report

Examination Date / Room / Rack2011/01/11Room:4-5Rack:A
2010/12/22Room:4-5Rack:A
2010/12/20Room:4-5Rack:A
2010/11/08Room:4-5Rack:A
2010/09/06Room:4-5Rack:A
2010/07/05Room:4-5Rack:A
2010/05/10Room:4-5Rack:A
2010/03/08Room:4-5Rack:A

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Rapgef6Rap guanine nucleotide exchange factor (GEF) 611Rapgef6<tm1.1Tkat>targeted mutation 1.1, Tohru Kataoka

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP11loxP

Information2

供与核酸Phage P1 loxP site, mouse Rapgef6 genomic DNA
Research applicationCell Biology Research
Cre/loxP system
Immunology and Inflammation Research
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Mol. Biol. Cell, 18, 2949-2959 (2007).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
公表を前提とした学術研究に限る。利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor片岡 徹(国立大学法人神戸大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data