RBRC02695

Information1

Image
BRC No.RBRC02695
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Grid2ip<tm1.1Mmsh>
Former Common nameGrid2ip KO, Delphilin KO
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strain
Appearance
Strain development開発者/機関:和井内賛先生、三品昌美先生(東京大学)開発年:2000年C57BL/6 コンジェニック系統。C57BL/6 由来のES 細胞を用いて作出。loxP 間を欠失させるためTLCN-Cre マウス [TT2 (C57BL/6/CBA) ES 細胞を用いて作出し、その後 C57BL/6 に 5 世代戻し交配を行う]と交配。その後、loxP 間が欠失し、且つ Cre 遺伝子を持たない個体を選別し、兄妹交配にて維持。
Strain description足場蛋白質デルフィリンはグルタミン酸受容体δ2 サブユニット結合蛋白質で、小脳内ではプルキニエ細胞特異的に発現しており、かつ平行線維シナプスに選択的に局在している。デルフィリンを欠損すると、平行線維—プルキニエ細胞間のシナプス可塑性である小脳長期抑圧の誘導が促進し、運動学習の一種である視機性眼球反応適応学習が亢進する。小脳可塑性と運動学習の研究に有用である。
Colony maintenance・兄妹交配特記:ヘテロ型×ヘテロ型もしくはホモ型×ホモ型・戻し交配Background系統名:C57BL/6N、日本クレア
ReferencesPLoS ONE, 3, e2297 (2008). 18509461

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Grid2ipglutamate receptor, ionotropic, delta 2 (Grid2) interacting protein 15Grid2ip<tm1.1Mmsh>targeted mutation 1, Masayoshi Mishina

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Frtyeast FRT (flippase recombination target) site5Frt

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Frtyeast FRT (flippase recombination target) site5Frt

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP5loxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP5loxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)5mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸loxP, frt, Pgk, Neo
Research applicationNeurobiology Research
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。PLoS ONE, 3, e2297 (2008).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
利用者が本リソースを用いて得た成果に基づき特許、知的所有権、またはたの権利を申請する場合には、寄託者の同意を必要とする。本リソースの利用は共同研究のみに限定する。寄託後2年以内の論文発表あるいは寄託後2年以内に論文発表が無い場合はその後の論文発表の際には、利用者は寄託者を共著とする必要がある。
Depositor三品 昌美(国立大学法人東京大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-
Mouse of the Month Aug 2008

BRC mice in Publications

No Data