RBRC02687

Information1

Image
BRC No.RBRC02687
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Tnc<tm1Sia> Tnxb<tm1Kmat>
Former Common nameTnx-/-(A1),Tnc-/- double deficient, TNX-/-(A1),TNC-/-
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strain
Appearance
Strain development開発者/機関:松本健一先生/北海道大学開発年:2002その他(入手経路等):Tnx-/-(A1),Tnc-/- double deficientマウスの作成に用いた、Tnc-/-マウス(C57BL/6に戻し交配したTnc-/-マウス)は、理化学研究所バイオリソースセンターより、供与を受けた。また、Tnx-/-(A1)マウスは、我々が作成した。Tnx-/-(A1)マウスは、相同組換えの起きたTT2 ES細胞(C57BL/6とCBAのF1由来のES細胞)を、ICR由来の受精卵にインジェクションを行い、テネイシンX欠損(Tnx-/-)マウスの作成を行った。その後、ホモ型Xホモ型の兄妹交配、ランダム交配を繰り返し維持してきた。Tnc-/-マウスは、Sagaら(1992) により作成され、その後理化学研究所において、C57BL/6に戻し交配を10世代行った。これらの、Tnx-/-(A1)マウスとTnc-/-マウスの交配により、Tnx-/-(A1),Tnc-/- double deficientマウスを、作成した。
Strain descriptionテネイシンX (TNX) とテネイシンC (TNC) は、テネイシンファミリーに属する細胞外マトリックスの一つである。Tnx-/-(A1)系統マウスとTNC-/-マウス (C57BL/6に戻し交配したTNC-/-マウス) の交配により得た、Tnx-/-(A1),Tnc-/- double deficientマウスは、TNX及びTNCの両遺伝子を破壊した欠損マウスである。結合組織の研究、癌の研究、行動解析等に有用であると考えられる。
Colony maintenance・兄妹交配特記:Tnx-/-(A1),Tnc-/- double deficientマウスは、ホモ型のペアーを得て以降は、兄妹交配やランダム交配により、維持してきた。・その他:ランダム交配Tnx-/-(F10),Tnc-/- double deficientマウスは、ホモ型のペアーを得て以降は、兄妹交配やランダム交配により、維持してきた。
ReferencesExp. Cell Res., 297, 404 (2004) 15212943
J. Invest. Dermatol. 111, 930 (1998). 9856798
Genes Dev., 6, 1821-1831 (1992). 1383086
Genes Cells, 6, 1101 (2001) 11737270
Genes Cells, 9, 737 (2004) 15298681

Health Report

Examination Date / Room / Rack2020/07/06Room:3-2Rack:D
2020/04/06Room:3-2Rack:D
2020/02/03Room:3-2Rack:D
2019/12/02Room:3-2Rack:D
2019/10/16Room:3-2Rack:D
2019/08/05Room:3-2Rack:D
2019/06/03Room:3-2Rack:D
2019/04/01Room:3-2Rack:D

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Tnxbtenascin XB17Tnxb<tm1Kmat >targeted mutation 1, Ken-ichi Matsumoto

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)17mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Tnctenascin C4Tnc<tm1Sia >targeted mutation 1, Shinichi Aizawa

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
lacZbeta-galactosidase (E. coli)4

Information2

供与核酸E.coli neo, E. coli LacZ, mouse tenascin-X genomic DNA, mouse tenascin-C genomic DNA, mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)
Research application
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Jpn J. Cancer Res., 73, 968-975 (2002).
利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき、成果等の発表、特許等の申請、及び事業活動を行う場合には、寄託者と別途協議を行う。
Depositor松本 健一(国立大学法人北海道大学)
Strain Status生体のアイコン生体
凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
生体マウスを3~6ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Lab HP (Japanese)
Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data