RBRC02435

Information1

Image
BRC No.RBRC02435
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Srpx<tm1Hzi>
Former Common nameDrs KO, Srpx KO
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainC57BL/6JJcl
Appearanceblack [a/a B/B C/C]
Strain development開発者/機関: 井上寛一先生(滋賀医科大学)開発年:2005R1 ES細胞を用いて作出。CAG-Creマウスとの交配によりneo遺伝子は除去。C57BL/6に戻し交配しながら維持(20世代以上経過)
Strain descriptionDrs (Srpx) は癌抑制遺伝子であり、小胞体関連アポトーシスの誘導に関与する。種々のヒトがんにおいて悪性化に伴いdrs mRNAの発現消失が認められる。Drs遺伝子を欠損させるとホモマウスは正常に生まれてくるものの、生後7〜12月以内に約30%に種々の悪性腫瘍が発生する。がん、アポトーシス等の研究に有用である。
Colony maintenance・兄妹交配・戻し交配 Background系統:C57BL/6JJcl、日本クレア生後一年以内に悪性腫瘍(リンパ腫、肺腺癌、肝癌、肉腫)が発生
ReferencesCarcinogenesis, 28, 777-784 (2007). 17088259

Health Report

Examination Date / Room / Rack2011/12/05Room:3-8Rack:A
2011/10/03Room:3-8Rack:A
2011/08/08Room:3-8Rack:A
2011/07/04Room:4-5Rack:A
2011/04/25Room:4-5Rack:A
2011/03/07Room:4-5Rack:A
2011/03/07Room:4-5Rack:A
2011/01/11Room:4-5Rack:A

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Srpxsushi-repeat-containing proteinXSrpx<tm1Hzi>targeted mutation 1, Hirokazu Inoue

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxPXloxP

Information2

供与核酸mouse srpx genomic DNA, Phage P1 loxP
Research applicationApoptosis Research
Cancer Research
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Carcinogenesis, 28(4), 777-784 (2007).
共同研究
Depositor井上 寛一(国立大学法人滋賀医科大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Lab HP (Japanese)
Genotyping protocol -PCR-
Mouse of the Month Jun 2008

BRC mice in Publications

No Data