RBRC02373

Information1

Image
BRC No.RBRC02373
TypeSpontaneous Mutation Congenic
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-shm/Oda
Former Common nameB6.Cg-shm/Oda
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development開発者/機関:名古屋大学大学院生命農学研究科開発年:2007ジャクソン研究所由来のshm変異マウスのC57BL/6コンジェニックマウス。1979年、日本クレアより導入したSHR/GnEiJcl-Re+/+shmを兄妹交配により維持(織田銑一先生、名古屋大学環境医学研究科)、F40世代後、繁殖困難となったため、C3H/HeNem-ruf/+と交配により系統の再育成を行う(1998年)。その後、C57BL/6JJmsSlcに戻し交配によりコンジェニック系統を育成(2007年)。
Strain description側索硬化症モデルの可能性
Colony maintenance兄妹交配:ヘテロ型×野生型もしくはヘテロ型戻し交配 Background系統名:C57BL/6JJmsSlc行動の異常がある繁殖成績が低いホモで不妊/死亡
ReferencesJ. Neuropathol. Exp. Neurol., 68(11):1207-18 (2009). 19816196

Health Report

Examination Date / Room / Rack2008/12/15Room:3-DRack:C
2008/10/20Room:3-DRack:C
2008/08/25Room:3-DRack:C
2008/06/23Room:3-DRack:C

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Cntnap1contactin associated protein-like 111Cntnap1<shm>shambling

Information2

供与核酸
Research applicationMouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。
本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor織田 銑一(国立大学法人名古屋大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data