RBRC02367

Information1

Image
BRC No.RBRC02367
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Nr1i2<tm1.1(NR1I2)>
Former Common namehSXR-KI dNeo, SXR遺伝子ヒト型化マウス#4(dNeo)
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strain
Appearance
Strain development国立医薬品食品衛生研究所・菅野 純先生(2006)。TT2 ES細胞由来。C57BL/6へ交配された。Targetedアレル型(RBRC02368)にCAG-Creマウスを交配することによりCre- recombinedアレル型(RBRC02367)を作出。
Strain descriptionC hSXRkiマウス。マウスSXR遺伝子座に、ヒトSXR遺伝子のLBD領域を遺伝子ターゲティングによりノックインしたマウス。マウス体内でリガンド結合ドメイン型にされたSXRタンパク質を発現する。Cre- recombinedアレル型 (RBRC02367) 、Targetedアレル型 (RBRC02368) 。
Colony maintenanceC57BL/6Cr SLCマウスに交配。
ReferencesJ. Toxicol. Sci., 37, 373-380 (2012). 22467028

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Nr1i2Nuclear receptor subfamily 1, group I, member 216Nr1i2<tm1.1(NR1I2)>targeted mutation 1.1 (NR1I2)

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
GHGrowth hormone polyA (Bovine)16GH

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
NR1I2Nuclear receptor subfamily 1, group I, member 2 (human)16NR1I2

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP16loxP

Information2

供与核酸human NR1I2 cDNA, Bovine growth hormone poly A, Phage P1 loxP site, mouse Nr1i2 genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。J. Toxicol. Sci., 37, 373-380 (2012).
営利機関の利用希望者は、事前に利用条件等につき寄託者と合意し、提供承諾を得ること。利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor菅野 純(国立医薬品食品衛生研究所)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data