RBRC02312

Information1

Image
BRC No.RBRC02312
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6;129-Cyp26a1<tm1.1Hmd>
Former Common nameCyp26 a1 null
H-2 Haplotype
ES Cell lineR1 [(129X1/SvJ x 129S1/Sv)F1-Kitl<+>]
Background strain
Appearance
Strain development開発者/機関:坂井靖夫先生(大阪大学大学院生命機能研究科)開発年:2000年(129X1/SvJ × 129S1/Sv) F1-Kit1+のR1 ES細胞を用いて作出。C57BL/6Jに戻し交配を行う。その後、兄妹交配にて維持。
Strain descriptionCYP26はレチノイン酸代謝酵素であり、3つのファミリー (A1, B1, C1) を構成している。Cyp26a1遺伝子の機能を阻害すると、ホモマウスは尾部の低形成および後脳の前後軸にそった中枢神経系の形態形成の異常を示す。この変異マウスは、生体内におけるレチノイン酸濃度の制御機構を解明する上で有用である。
Colony maintenanceヘテロ × 野生型またはC57BL/6J(ブリーダーの指定はなし)形態の異常・奇形がある
ReferencesDev. Biol., 302, 399-411 (2007) 17067568
Genes Dev., 15, 213-225 (2001) 11157777

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Cyp26a1cytochrome P450, family 26, subfamily a, polypeptide 119Cyp26a1<tm1.1Hmd>targeted mutation 1.1, Hiroshi Hamada

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP19loxP

Information2

供与核酸phage P1 loxP site, mouse Cyp26a1 genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
Developmental Biology Research
Metabolism Research
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
寄託者(開発者)の承諾を得る。
Depositor濱田 博司(国立研究開発法人理化学研究所)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data