RBRC02280

Information1

Image
BRC No.RBRC02280
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.129S4-Ephb6<tm1Tom>
Former Common nameEphB6ノックアウトマウス
H-2 Haplotype
ES Cell lineJ1 [129S4/SvJae]
Background strain
Appearanceblack [a/a B/B C/C]
Strain development開発者/機関:松井利充先生(神戸大学)開発年:2002年J1 (129S4/SvJae) ES細胞を用いて作出。C57BL/6Jに9世代戻し交配を行う。その後、兄妹交配にて維持。
Strain descriptionEphB6はチロシンキナーゼ型受容体ファミリーでは最大のEphファミリーに属し、内因性チロシンキナーゼ活性を欠損している。Ephファミリーには、他の増幅因子型受容体には見られない双方向性シグナル伝達能や反挑作用など特異的な機能がみられ、空間的組織形成に重要な役割を果たしている。EphB6が神経芽細胞腫患者様の臨床的予後を左右するとの報告があり、神経系や血管形成での解析が進んでいる。EphB6は造血幹細胞、胸腺細胞、Tリンパ球など様々な血液細胞に発現している。EphB6ノックアウトマウスでは、T細胞受容体シグナルの異常が報告されている。
Colony maintenance兄妹交配:特記:ホモ x ホモ(問題なく繁殖)戻し交配:Background系統: C57BL/6J Jcl、日本クレア特記:ヘテロ x C57BL/6J Jcl
ReferencesBiochem. Biophys. Res. Commun., 298, 87-94 (2002). 12379224

Health Report

Examination Date / Room / Rack2009/02/23Room:3-ARack:A
2008/12/15Room:3-ARack:A
2008/10/20Room:3-ARack:A
2008/08/25Room:3-ARack:A
2008/06/23Room:3-ARack:A
2008/04/22Room:3-ARack:A
2008/04/21Room:3-ARack:A
2008/02/18Room:3-ARack:A

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Ephb6Eph receptor B66Ephb6<tm1Tom>targeted mutation 1, Toshimitsu Matsui

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP6loxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP6loxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)6mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸phage P1 loxP sites, mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter), E.coli neo, mouse Ephb6 genomic DNA
Research applicationCancer Research
Cell Biology Research
Cre/loxP system
Immunology and Inflammation Research
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Biochem. Biophys. Res. Commun., 298, 87-94 (2002).
利用者は事前に寄託者に、使用目的を文書で通知し、提供承諾書を得る。本件リソースの知的所有権は寄託者が保持しており、利用者が本件リソースから得られた結果により特許等を申請する場合には、事前に寄託者と協議する。利用者は本件リソースを利用して行った研究結果等を学術論文発表する場合には寄託者との共著の要否について別途協議するが、 研究内容が寄託者の研究範囲と重ならない場合、必ずしも共同研究である必要はない。
Depositor松井 利充(国立大学法人神戸大学大学院)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data