RBRC02190

Information1

Image
BRC No.RBRC02190
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameC.129P2-Nfe2l2<tm1Mym>
Former Common nameNrf2 KO, BALB/c
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainBALB/cAJcl
Appearancealbino [A/A b/b c/c]
Strain development筑波大学先端学際領域研究センター・山本雅之先生(1996)。
Strain descriptionNrf2 (Nfe2l2) 遺伝子のノックアウトマウス。Nrf2は生体防御システムの遺伝子群の発現を活性化させる転写因子として知られている。活性酸素種、親電子性物質、重金属などの生体異物にさらされると、それらの毒性を排除するために解毒化酵素や酸化ストレス応答蛋白質が転写誘導される。Nrf2はそれらの転写の発現を誘導している。Nrf2ノックアウトマウスでは、抗酸化剤応答配列を介した遺伝子発現が減弱しており、親電子物質に対して感受性が高くなっている。また、親電子性物質が遺伝子点変異を誘起することから、Nrf2遺伝子が発ガンや動脈硬化、脳神経障害の予防に役立つ可能性も期待されている。C57BL/6背景 (RBRC01390) 、BALB/c背景 (RBRC02190) 、A/J背景 (RBRC02414) 、ICR混合背景 (RBRC00984) 。ホモマウスは生存性、繁殖性はあるものの、繁殖効率は低くなる。
Colony maintenanceHomozygote x Heterozygote [or Crossing to BALB/cAJcl]
ReferencesBiochem. Biophys. Res. Commun., 236, 313-322 (1997). 9240432

Health Report

Examination Date / Room / Rack2010/09/13Room:4-BRack:F
2010/07/12Room:4-BRack:F
2010/05/17Room:4-BRack:F
2010/03/15Room:4-BRack:F
2010/01/18Room:4-BRack:F
2009/07/13Room:4-BRack:F
2009/05/19Room:4-BRack:F
2009/05/18Room:4-BRack:F

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Nfe2l2nuclear factor, erythroid derived 2, like 22Nfe2l2<tm1Mym>targeted mutation 1, Masayuki Yamamoto

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
lacZbeta-galactosidase (E. coli)2

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)2herpes simplex virus thymidine kinase promoter (HSV tk promoter)

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
nlsSV40 large T antigen nuclear localization signal (NLS)2nls

Information2

供与核酸Simian virus 40 Large T antigen nuclear localization signal (NLS), E. coli lacZ, herpes simplex virus thymidine kinase promoter (HSV tk promoter), E. coli neo, mouse Nrf2 genomic DNA
Research application
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Biochem. Biophys. Res. Commun. 236,313-322 (1997).
寄託後,2年間は共著を必要とする共同研究とする。 当該リソースを使用した研究成果に基づき特許等の申請を行う場合は寄託者と別途協議を行う。
Depositor山本 雅之(国立大学法人筑波大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Lab HP (Japanese)
Genotyping protocol -PCR-
Mouse of the Month Apr 2012

BRC mice in Publications

No Data