RBRC02163

Information1

Image
BRC No.RBRC02163
TypeTransgeneCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Tg(Pcp2-nSrcY535F)9Okd
Former Common nameTg(L7-nSrc Y535F)9Okd
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development2002年 大阪大学微生物病研究所発癌制御研究分野の小谷武徳先生、岡田雅人先生により開発された。BDF1 マウスの受精卵にトランスジーン (L7-nSrc Y535F) をマイクロインジェクションして作製。 作製は、大阪大学微生物病研究所遺伝子情報実験施設にて行われた。その後 C57BL6 で交配。 世代数は不明。
Strain descriptionL7 promoter の制御下で活性型ニューロン型 Src (nSrc Y535F) を発現させた Tg マウス。 樹状突起伸長異常を伴う異所性プルキンエ細胞が小脳分子層に点在する。小脳の生後発達における nSrc の役割解析を行う上で有用。
Colony maintenance注意点なし。野生型マウス (C57BL6) と同程度の繁殖能力。形態の異常・奇形がある
ReferencesNeurosci. Res., 57, 210-219 (2007). 17137665

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Srcmouse nSrcY535F mutant cDNAUNSrcMouse Purkinje cell protein 2 (L7) promoter

Information2

供与核酸Mouse Purkinje cell protein 2 (L7) promoter, mouse nSrcY535F(535番目のチロシン残基をフェニルアラニン残基に置換した)
Research applicationNeurobiology Research
提供条件条件を付加しない。
Depositor岡田 雅人(国立大学法人大阪大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability受注後、検査を施して提供
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data