RBRC02149

Information1

Image
BRC No.RBRC02149
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Ctnnbip1<tm1Taki>
Former Common nameICAT ノックアウトマウス
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strain
Appearanceblack [a/a B/B C/C]
Strain development開発年:2001年開発者:秋山徹先生機関名:東京大学分子細胞生物学研究所系統由来 ES 細胞 TT2ICAT遺伝子開始コドンから11アミノ酸下流の BspEIサイトに homologous recombination により neo 遺伝子を挿入。それを ICR マウス胚盤胞に注入し、できたキメラを C57BL/6N に掛け合わせた。
Strain descriptionICAT-1 (以後ICAT) は 81 アミノ酸からなるタンパク質で、 Xenopus、Zebra fish、mouse、ヒトで高度に保存されており、他のタンパク質との間で保存されているドメインは持たない。 ICAT は β-catenin に結合し、 Wnt シグナルにおける TCF と β-catenin による転写活性化を抑制する。 マウスにおける ICAT の発現は、 Embryo では ubiquitous に、 adult では脳、心臓、肝臓、骨格筋での発現が確認されている。 ICAT ノックアウトマウスは、そのほとんどが腸管破裂により生後 1 日で死亡し、前頭部形成不全他多くの発生異常が観察されている。
Colony maintenance戻し交配バックグラウンド系統 : C57BL/6Nホモで不妊/死亡
ReferencesProc. Natl. Acad. Sci. USA, 101, 8017-8021 (2004). 15148409

Health Report

Examination Date / Room / Rack2007/08/20Room:3-CRack:E

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Ctnnbip1catenin beta interacting protein 14Ctnnbip1<tm1Taki>targeted mutation 1, Tetsu Akiyama

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)4mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸mouse phosphoglycerate kinase-1 promoter, E. coli neo, mouse ICAT genomic DNA
Research applicationDevelopmental Biology Research
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 101, 8017-8021 (2004).
寄託後、2年間については、利用者は利用内容を寄託者に連絡し、使用した研究の成果発表に際しては共著とする。それ以降は謝辞の表明を必要とする。
Depositor秋山 徹(国立大学法人東京大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Lab HP (Japanese)
Genotyping protocol -PCR-
Genetic Background

BRC mice in Publications

No Data