RBRC02111

Information1

Image
BRC No.RBRC02111
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Plxna3<tm1.1Hfu>/HfuRbrc
Former Common namePlexin-A3 遺伝子(PlexA3)ノックアウトマウス, Plexin-A3 knockout mouse
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strain
Appearance
Strain development開発年:2005年開発者:須藤文和先生と藤澤肇先生機関名:名古屋大学大学院理学研究科
Strain descriptionPlexin:タイプI型の膜タンパク質。Plexin-A〜Dまでのサブファミリーがあり、マウスにおいいてはA1〜4の型が知られる。Semaphorinは軸索の伸張を抑制する軸索ガイド分子であり、Plexinはその受容体である。BRC_No 02110 PlexA3 flox mouse に Cre mouse を交配させて作製したものである。神経系の発生異常がある。
Colony maintenanceホモマウス、ヘテロマウス共に繁殖可能である。繁殖効率:A
References

Health Report

Examination Date / Room / Rack2007/08/20Room:3-CRack:K

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Plxna3plexin A3XPlxna3<tm1.1Hfu>targeted mutation 1.1, Hajime Fujisawa

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxPXloxP

Information2

供与核酸phage P1 loxP site, mouse plexin-A3 genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
Developmental Biology Research
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。
利用者は事前に開発者 (独立行政法人国立精神・神経医療研究センター、須藤 文和博士, E-mail: fsuto@ncnp.go.jp) に連絡をとり、分与に関して許可を得ること。研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。本件リソースおよびその派生物を第三者へ分与することを禁止する。
Depositor藤澤 肇(国立大学法人名古屋大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data