RBRC02110

Information1

Image
BRC No.RBRC02110
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Plxna3<tm1Hfu>/HfuRbrc
Former Common namePlexin-A3 -flox (PlexA3-flox)マウス, Plexin-A3 -flox mouse
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strain
Appearance
Strain development開発年:2005年開発者:須藤文和先生と藤澤肇先生機関名:名古屋大学大学院理学研究科
Strain descriptionPlexin:タイプI型の膜タンパク質。Plexin-A〜Dまでのサブファミリーがあり、マウスにおいてはA1〜4の型が知られる。Semaphorinは軸索の伸張を抑制する軸索ガイド分子であり、Plexinはその受容体である。Plexin-A3 gene は X-linked である。Plexin-A3 conditional knockout に利用可能。
Colony maintenanceホモマウス、ヘテロマウス共に繁殖可能である。繁殖効率:A
References

Health Report

Examination Date / Room / Rack2007/08/20Room:3-CRack:A

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele nameCommon namesPromoter
Plxna3plexin A3XPlxna3<tm1Hfu>targeted mutation 1, Hajime FujisawaPlxn3, Plxn4, SEX

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele nameCommon namesPromoter
loxPphage P1 loxPXloxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele nameCommon namesPromoter
loxPphage P1 loxPXloxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele nameCommon namesPromoter
loxPphage P1 loxPXloxP

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele nameCommon namesPromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)Xneo; neomycin;mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸phage P1 loxP sites, mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter), E. coli neo, mouse plexin-A3 genomic DNA
Research applicationCre/loxP system
Developmental Biology Research
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。
利用者は事前に開発者 (独立行政法人国立精神・神経医療研究センター、須藤 文和博士, E-mail: fsuto@ncnp.go.jp) に連絡をとり、分与に関して許可を得ること。研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。本件リソースおよびその派生物を第三者へ分与することを禁止する。
Depositor藤澤 肇(国立大学法人名古屋大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data