RBRC01909

Information1

Image
BRC No.RBRC01909
TypeSpontaneous Mutation
SpeciesMus musculus
Strain nameFGS/NgaJcl
Former Common name
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development名古屋大学家畜育種学教室で開発された糸球体腎炎モデルマウス。CBA/NgaとRFM/Ngaの交雑群F5世代で発見確立された。
Strain description高蛋白尿と巣状糸球体硬化病変を呈する近交系マウス (FGS, Focal Glomerular Sclerosis) 。腎臓のみに病変が認められる糸球体腎炎モデルマウス。発症マウスは40日齢以降に高レベルの蛋白尿を示し、発症マウスの約23%は体重が急激に減少し、3〜5ヶ月齢で死亡する。2組の常染色体劣性遺伝子によって支配されている。
Colony maintenanceSibling Mating
ReferencesExp. Anim., 53, 97-102 (2004). 15153671

Health Report

Examination Date / Room / Rack2008/02/18Room:3-ARack:E
2007/12/17Room:3-ARack:E
2007/10/15Room:3-ARack:E
2007/08/20Room:3-ARack:E
2007/06/18Room:3-ARack:E
2007/04/17Room:3-ARack:E
2007/04/16Room:3-ARack:E

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
null

Information2

供与核酸
Research applicationMouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Exp.Anim., 53, 97-102 (2004).
Depositor並河 鷹夫(国立大学法人名古屋大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data