RBRC01901

Information1

Image
BRC No.RBRC01901
TypeSpontaneous Mutation
SpeciesMus musculus
Strain nameCRO
Former Common nameCRO
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development本系統は、B6xCBA交雑後代に発見された筋疾患マウスに由来する。和歌山医科大学で約30年間維持されているも、途中経過は不明な点もある。私が引き継いでから、22代近交化するも大学移転時(2000)にSPF化外注のためサブライン間でpoolされた可能性あり。その後18代兄妹交配の後、責任者坪田先生の移動ともに、大阪河崎リハビリテーション大学に導入された。
Strain description特性) 進行性筋ジストロフィー症モデルマウス。仮性肥大、骨格筋に空胞形成、mitochondrion膨化を認める。腓腹筋筋小胞体分画でcreatinekinaseをほぼ欠損する。用途) 筋ジストロフィー症モデル。筋小胞体におけるエネルギー代謝の疾患モデルとして有効。
Colony maintenance繁殖効率:A遺伝様式は常染色体性劣性遺伝し、通常の兄妹交配にて繁殖良好に維持可能。行動の異常がある。
ReferencesWakayama Medical Reports 35, 37-41 (1994).
昭和58年度厚生省研究報告書, p. 17-23 (1984).
Wakayama Medical Reports 30, 17-24 (1988).
和歌山医学, 51, 181-192 (2000).
昭和59年度厚生省研究報告書, p. 33-43 (1985).
The Journal of the Wakayama Medical Society 51, 181-192 (2000).

Health Report

Examination Date / Room / Rack2008/12/15Room:3-CRack:A
2008/10/20Room:3-CRack:A
2008/08/25Room:3-CRack:A
2008/06/23Room:3-CRack:A
2008/04/22Room:3-CRack:A
2008/04/21Room:3-CRack:A
2008/02/18Room:3-CRack:A
2007/12/17Room:3-CRack:A

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
crocrouchingUNcro<cro>crouching

Information2

供与核酸
Research applicationMouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Wakayama Medical Reports, 35, 37-41 (1994).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
Depositor坪田 裕司(大阪河﨑リハビリテーション大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data