RBRC01858

Information1

Image
BRC No.RBRC01858
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6;129S4-Tubg2<tm1Sts>/StsRbrc
Former Common nameTUBG2 knockout mouse
H-2 Haplotype
ES Cell lineJ1 [129S4/SvJae]
Background strain
Appearance
Strain development開発年:2001年開発者:久保亜紀子先生、月田承一郎先生機関名:科学技術振興事業団月田細胞軸プロジェクト・京都大学医学研究科129S4/SvJae via J1 ES cell line 由来、C57BL/6J 系統と少なくとも6回のバッククロス
Strain descriptionホモマウスは生後数ヶ月で脳に神経変性が生じ、視床では封入体が形成され、黒質ではドーパミンニューロンの減少が観察されている。運動機能に異常が観察され、筋肉には問題ないものの、正常マウスとくらべ、複雑な協調運動に差が認められる。
Colony maintenanceBackcross to C57BL/6 (Heterozygote x C57BL/6JJcl)ノックアウトマウスは雌雄ともに交配可能であるが、生後数ヶ月で神経が変性するため、交配不能になる場合がある。行動の異常がある。繁殖成績が低い
ReferencesDev. Biol., 282, 361-373 (2005). 15893303

Health Report

Examination Date / Room / Rack2010/07/12Room:4-BRack:K
2010/05/17Room:4-BRack:K
2010/03/15Room:4-BRack:K
2010/01/18Room:4-BRack:K
2007/07/17Room:4-ARack:G
2007/05/22Room:4-ARack:G
2007/05/21Room:4-ARack:G
2007/03/19Room:4-ARack:G

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele nameCommon namesPromoter
Tubg2tubulin, gamma 211Tubg2<tm1Sts>targeted mutation 1, Shoichiro Tsukita

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele nameCommon namesPromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)11neo; neomycin;mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter), E. coli neo, mouse Tubg2 genomic DNA
Research applicationDevelopmental Biology Research
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
開発者の承認(提供承諾書の提出)。利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
Depositor久保 亜紀子(国立大学法人京都大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data