RBRC01816

Information1

Image
BRC No.RBRC01816
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.129P2-Drd2<tm1(IL2RA)Koba>/KobaRbrc
Former Common nameD2R-IL-2R
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainC57BL/6JJcl
Appearance
Strain development開発年;1998 年開発者;小林和人先生機関名;福島県立医科大学導入遺伝子を BDF1 X BDF1 の受精卵に注入し、トランスジェニックマウス系統を作製した。その後、C57BL/6J にもどし交配し、現在世代数は 12 世代となる。
Strain descriptionドーパミンD2受容体(D2R)遺伝子座に、ヒトインターロイキン2受容体αサブユニット遺伝子をジーンターゲティングにより、ノックインした。ヘテロ接合体の脳内に組換え体イムノトキシンを処理することによりD2Rを発現する神経細胞の選択的な除去に利用できる。また、ホモ接合体は通常のノックアウトマウスである。
Colony maintenanceC57BL /6J に交配する。
ReferencesJ. Neurosci. 23, 9078-9088 (2003). 14534241

Health Report

Examination Date / Room / Rack2007/07/17Room:4-ARack:D
2007/05/22Room:4-ARack:D
2007/05/21Room:4-ARack:D
2007/03/19Room:4-ARack:D
2007/01/15Room:4-ARack:D
2006/11/13Room:4-ARack:D

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Drd2dopamine receptor D29Drd2<tm1(IL2RA)Koba>targeted mutation 1, Kazuto Kobayashi

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
HBB2rabbit beta-globin polyA9HBB2

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
IL2RAInterleukin-2 receptor α-subunit (human)9IL2RA

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)9mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
SV40 polyA9

Information2

供与核酸Mouse Dopamine D2 receptor (Drd2), human interleukin-2 receptor alpha subunit, rabbit beta globin poly A signal, mouse phosphoglycerate kinase-1 promoter, E. coli neo, SV40 poly A signal
Research applicationNeurobiology Research
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。J. Neurosci. 23 (27) 9078-9088 (2003).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
Depositor小林 和人(公立大学法人福島県立医科大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Lab HP (Japanese)

BRC mice in Publications

No Data