RBRC01814

Information1

Image
BRC No.RBRC01814
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Grin2b<tm1Mim>/MimRbrc
Former Common nameGluRε2 KO mouse
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strain
Appearance
Strain development開発年:1996年。開発者:三品昌美先生。機関名:東京大学大学院医学系研究科薬理学分子神経生物学教室TT2 ES細胞由来。C57BL/6N (日本クレア)と14世代戻し交配を行った。
Strain descriptionグルタミン酸受容体 (GluR)ε2サブユニットを欠損したマウス。
Colony maintenance繁殖効率:A. ホモ欠損マウスは生後1日以内に死亡する。
ReferencesNeuron, 16, 333-344 (1996). 8789948
Eur. J. Neurosci., 14, 153-160 (2001). 11488959

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Grin2bglutamate receptor, ionotropic, NMDA2B (epsilon 2)6Grin2b<tm1Mim>targeted mutation 1, Masayoshi Mishina

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)6mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸mouse PGK promoter, E. coli neo, mouse GluRε2 subunit genomic DNA
Research applicationNeurobiology Research
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Neuron, 16 ,333-344 (1996).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
利用者が本リソースを用いて得た成果に基づき特許、知的所有権、または他の権利を申請する場合には、寄託者の同意を必要とする。本リソースの使用は共同研究のみに限定する。寄託後2 年以内の論文発表あるいは寄託後2 年以内に論文発表が無い場合はその後の論文発表の際には、利用者は寄託者を共著者とする必要がある。
Depositor三品 昌美(国立大学法人東京大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

Tomiyama K, Kato R, Hara Y, Kobayashi M, Mishina M, Yanagawa Y, Kinsella A, Koshikawa N, Waddington JL.
Phenotypic characterization of orofacial movement topography in mutants with disruption of amino acid mechanisms: Glutamate N2A/B/D [GluR 1/2/4] subtypes and the GABA synthesizing enzyme GAD65.
Neuroscience 250 743-54(2013) 23892010