RBRC01685

Information1

Image
BRC No.RBRC01685
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameCNR dNeo
Former Common nameCNR dNeo
H-2 Haplotype
ES Cell lineTT2 [(C57BL/6NCrlj x CBA/JNCrlj)F1]
Background strain
Appearance
Strain development大阪大学大学院生命機能研究科・八木 健先生(2005)。TT2 ES細胞を用いて作出。
Strain descriptionCNR (Pcdha) 遺伝子のCP3エクソン中のpolyA配列をジーンターゲティング法にてneoカセットで置換させたマウス (Neocカセットはcre recombinaseにより除去されている) 。ホモマウスは通常の維持繁殖には特に問題ないものの、CNRタンパク質の発現量の低下が認められる。CNR/プロトカドヘリンファミリーは、中枢神経系にある多様性化細胞膜分子群であり、神経細胞の多様性と細胞間相互作用に関わることが明らかになってきている。CNR/プロトカドヘリン分子群の多様性と脳機能との関連性を遺伝子、タンパク質、細胞、個体レベルで解析することにより、脳システム形成の分子的基盤、脳機能形成原理にアプローチすることができる。
Colony maintenanceHomozygote x Homozygote [or Crossing to C57BL/6J(Crlj)]
References

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Pcdhaprotocadherin alpha cluster18Pcdha<tm(dNeo)>targeted mutation

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP18loxP

Information2

供与核酸Phage P1 loxP, mouse Pcdha genomic DNA
Research applicationCell Biology Research
Cre/loxP system
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
本リソースを用いた研究が発明に至った場合、利用者はその発明を開示するとともに、取り扱いについて寄託者と協議する。また、利用者は本リソースを用いた研究を公表する際は事前に寄託者に内容を開示し許可を得る事。
Depositor八木 健(国立大学法人大阪大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Lab HP (Japanese)

BRC mice in Publications

No Data