RBRC01599

Information1

Image
BRC No.RBRC01599
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6;129-Pac11<tm>/Rbrc
Former Common namePac11 KO (B6); Pac11 Knockout mouse (B6 background)
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development開発年:平成12年~平成17年開発者:井尻貴之先生, 近藤玄先生, 堀江恭二先生, 長瀬隆弘先生, 竹田潤二先生, 松田洋一先生機関名:北海道大学創成科学共同研究機構, 大阪大学大学院医学系研究科, かずさDNA研究所遺伝的背景が129系統とB6系統を50%ずつもつF1世代の +/- 個体を交配し、得られたF2世代の +/- 個体をB6系統マウス♀と交配後5世代戻し交配したマウスである。
Strain descriptionB6系統を遺伝的背景にもつPac11ノックアウトマウスを解析するために作製した。
Colony maintenanceB6系統マウスと5世代戻し交配した後、兄妹交配によって維持している。繁殖効率は良好である。形態の異常・奇形がある
References摂南大学融合科学研究所論文集,第5巻 第1号,(2019).
Reprod. Med. Biol., 4, 231-237 (2005).

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
1700016M24RikRIKEN cDNA 1700016M24 gene151700016M24Rik

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)15mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter), Neomycin 耐性遺伝子、mouse Pacaa 遺伝子
Research application
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Reprod Med Biol., 4, 231-237 (2005).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
Depositor松田 洋一(国立大学法人北海道大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data