RBRC01360

Information1

Image
BRC No.RBRC01360
TypeTargeted MutationCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameC57BL/6-grm5<tm1(T840D)Kyo>
Former Common namemGluR5 T840D
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainC57BL/6JJcl
Appearance
Strain developmentDebveloped by Department of Biological Siences, Kyoto University Faculty of Medicine.129 由来の ES から樹立したマウスを、C57BL/6J へ戻し交配中.
Strain description野生型の mGluR5 は, 培養細胞において mGluR を刺激した際の oscillatory な calcium の上昇を引き起こし, 840 番目の threonine を aspartate に置換したT840D 変異により, single peak の calcium の上昇に変化することが示されていた (kawabata et al. Nature 383, 89-92 (1996)). この変異を有する mGluR5 を Knock-in することによって, マウス個体レベル或いは神経細胞レベルでの変化を見ようと考え開発した.
Colony maintenance繁殖効率:A
ReferencesEur. J. Neurosci., 20, 947-955 (2004). 15305863
Nature, 383, 89-92 (1996). 8779726

Health Report

Examination Date / Room / Rack2007/07/17Room:4-ARack:C
2007/05/22Room:4-ARack:C
2007/05/21Room:4-ARack:C
2007/03/19Room:4-ARack:E

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
Grm5glutamate receptor, metabotropic 57Grm5<tm1(T840D)Kyo>

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
loxPphage P1 loxP7loxP

Information2

供与核酸mouse glutamate receptor(mGluR) 5 genomic DNA, poly A, mouse glutamate receptor(mGluR) 5 T840D genomic DNA, Phage P1 loxP
Research applicationNeurobiology Research
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Nature, 383, 89-92 (1996). Eur J. Neurosci., 20, 947-955 (2004).
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
必ず提供承諾書を必要とする。
Depositor中西 重忠(国立大学法人京都大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data