RBRC01310

Information1

Image
BRC No.RBRC01310
TypeWild-derived Inbred
SpeciesMus musculus
Strain nameKYF/MsIdrRbrc
Former Common nameKYF/MsIdr mice
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strain
Appearance
Strain development1982年に国立遺伝学研究所の土川先生より入手,発達障害研究所に導入された。Msにて60代,その後,Idrにて167代経過。
Strain descriptionabCs. やや,せかせかした性格。毛色の調査や固定の際に,しばしば利用されてきた。KYF固有の文献はない。
Colony maintenance通常の飼育交配方法。繁殖効率良好。行動異常や短尾・無尾など,目につく異常をもつ個体が生ずることがある。
References

Health Report

Examination Date / Room / Rack2007/06/18Room:3-BRack:C
2007/04/17Room:3-BRack:C
2007/04/16Room:3-BRack:C
2007/02/19Room:3-BRack:C
2006/12/18Room:3-BRack:C
2006/10/16Room:3-BRack:C
2006/08/22Room:3-BRack:C
2006/08/21Room:3-BRack:C

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
null

Information2

供与核酸
Research applicationNeurobiology Research
提供条件条件を付加しない。
Depositor米澤 敏(愛知県心身障害者コロニー発達障害研究所)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data