Strain Data Sheet

RBRC01196

Information1

Image
BRC No.RBRC01196
TypeWild-derived Inbred
SpeciesMus musculus castaneus
Strain nameMYS/Mz
Former Common name
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainMYS [Mus musculus castaneus]
Appearance
Strain development宮崎医科大学付属動物実験施設 土屋 公幸助教授:現東京農業大学野生動物学研究室教授が、インド産クリイロハツカネズミより開発した。系統造成に成功後、香川大学総合生命科学実験センター 宮下 信泉助教授の指導の下、宮崎大学農学部 比較生理生態学研究室 学生 井村有里および中原 郁世が本系統の生化学的遺伝プロファイルを確定した。その後寄託者において、宮崎大学農学研究科 比較生理生態学研究室 院生 進村 美穂が中心になり系統を維持した。
Strain description本系統は野生マウス起原の近交系で、ペプチダーゼ 3 のnull 突然変異を持っている。また、消化管内寄生虫の排除能力が低い。
Colony maintenance繁殖効率:Bコンベ条件下では寄生虫排除の定期的にアイボメックを投与する。幼若固体は顎の横幅が狭くケージ上蓋の給水口より脱出することが多い。金網格子の広がった箇所を修正する、給水口に給水瓶の蓋を差し込むなどの脱走防止策が必要である。一腹産仔数は平均4頭と少なめ、離乳までは、確実にひと月を要する。
References九州実験動物雑誌, 16, 23-25 (2000).

Health Report

Examination Date / Room / Rack

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele nameCommon namesPromoter
Pepcpeptidase C1Pepc<MYS/Mz>MYS/MzDip-1, Pep-3, peptidase C, peptidase 3

Information2

供与核酸
Research application
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。Kyusyu journal of Experimental Animals, 16, 23-25 (2000).
利用者は、下記に定める寄託条件の範囲内で利用する。
Depositor越本 知大(国立大学法人宮崎大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Click Here for Mouse genomic DNA (RIKEN DNA Bank)
Necessary documents for ordering:
  1. Approval form (Japanese / English)
  2. Order form (Japanese / English)
  3. Category I MTA: MTA for distribution with RIKEN BRC (Japanese / English)

BRC mice in Publications

Bamunusinghe D, Naghashfar Z, Buckler-White A, Plishka R, Baliji S, Liu Q, Kassner J, Oler AJ, Hartley J, Kozak CA.
Sequence Diversity, Intersubgroup Relationships, and Origins of the Mouse Leukemia Gammaretroviruses of Laboratory and Wild Mice.
J Virol 90(8) 4186-98(2016) 26865715

Nürnberger C, Zimmermann V, Gerhardt M, Staeheli P.
Influenza Virus Susceptibility of Wild-Derived CAST/EiJ Mice Results from Two Amino Acid Changes in the MX1 Restriction Factor.
J Virol 90(23) 10682-10692(2016) 27654285

Bamunusinghe D, Liu Q, Lu X, Oler A, Kozak CA.
Endogenous gammaretrovirus acquisition in Mus musculus subspecies carrying functional variants of the XPR1 virus receptor.
J Virol 87(17) 9845-55(2013) 23824809

Mochida K, Hasegawa A, Otaka N, Hama D, Furuya T, Yamaguchi M, Ichikawa E, Ijuin M, Taguma K, Hashimoto M, Takashima R, Kadota M, Hiraiwa N, Mekada K, Yoshiki A, Ogura A.
Devising assisted reproductive technologies for wild-derived strains of mice: 37 strains from five subspecies of Mus musculus.
PLoS One 9(12) e114305(2014) 25470728

Kasahara T, Abe K, Mekada K, Yoshiki A, Kato T.
Genetic variation of melatonin productivity in laboratory mice under domestication.
Proc Natl Acad Sci U S A 107(14) 6412-7(2010) 20308563