RBRC00889

Information1

Image
BRC No.RBRC00889
TypeTargeted Mutation CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameMINT-KO (ICR background)
Former Common nameMINT-KO (ICR background)
H-2 Haplotype
ES Cell lineE14 [129P2/OlaHsd]
Background strainSlc:ICR
Appearancealbino
Strain development開発年:2003年開発者:本庶佑先生機関名:京都大学医学研究科 分子生物学最初129 background。その後、ICRへbackcross。
Strain description多彩な細胞種を作り出す基本的な分子機構であり,高等生物に広く保存されているNotch/RBP-Jシグナルの抑制的調節因子であるMINTをノックアウトしたマウス.RBP-JはB細胞/T細胞,Marginal Zone B細胞/濾胞B細胞の運命決定αβT細胞の発生等様々な細胞運命に必須である.Mintのホモノックアウトマウスは心臓,膵臓,肝臓に形態的異常が認められ,胎児期に死亡する.また,MintがMarginal Zone B細胞/濾胞B細胞の運命決定に関与していることが明らかとなり,マウスにおいての細胞の多様性創出の分子機構が,線虫,ショウジョウバエのNotch/RBP-Jシグナルと基盤を同じくしていることが示唆されている.-/-ホモ欠損型:胎生期に死亡する (心臓,膵臓,肝臓に形態的異常が認められる) .
Colony maintenanceホモ接合体は、胎仔期に死亡。よって、交配はヘテロ接合体間で行う。
ReferencesImmunity, 18, 301-312 (2003). 12594956

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
SpenMsx2-interacting nuclear target protein (MINT)4Spen<tm1Hon>targeted mutation 1, Tasuku Honjo

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)4mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Information2

供与核酸mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter), E. coli neo, mouse Spen genomic DNA
Research applicationDevelopmental Biology Research
Immunology and Inflammation Research
Internal/Organ Research
提供条件条件を付加する。
1. 公表を前提とした学術研究に限る。
2. 研究成果の公表にあたって寄託者への謝辞の表明並びに寄託者の指定する文献を引用する。Immunity 18, 301-312 (2003).
3. 本件リソースの改変体又は本件リソースの生産方法若しくは使用方法に係る特許を出願した場合、その旨を速やかに寄託者に通知する。
Depositor本庶 佑(京都大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Honjo Lab HP
Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

No Data