RBRC00816

Information1

Image
BRC No.RBRC00816
TypeTargeted Mutation and TransgeneCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6;129P2(B6)-Prnp<tm1Ito> Tg(CAG-PRNP)1Ondr/Rbrc
Former Common nameオリックス型プリオン蛋白発現トランスジェニックマウス, scimitar-homed oryx PrP mouse
H-2 Haplotype
ES Cell lineE14 [129P2/OlaHsd]
Background strain
Appearance
Strain development2001年、糸原重美先生(理化学研究所)、小野寺節先生(東京大学農学部・応用免疫学研究室)、局博一先生特許出願公開番号:特開2001-204475(P2001-204475A)理研が開発したプリオン遺伝子ノックアウトマウスに対して、オリックス型プリオン遺伝子を導入したものである。
Strain description老齢においては自発的にその心電図にQRS異常波形を示すことが確認された。従って、このプリオン遺伝子改変マウスを用いて、該マウスの心電図異常を軽減する薬物の検出が可能である。30週以上から心臓に異常。
Colony maintenance特になし。
ReferencesIntervirology, 44, 359-363 (2001). 11805443

Health Report

Examination Date / Room / RackNo Data

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
PrnPprion protein2PrnP<tm1Ito>targeted mutation 1, Shigeyoshi Itohara

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
neoneomycin resistance gene (E. coli)2mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter)

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
PRNPprion protein (Orix)UNPRNPCAG promoter (CMV-IE enhancer, chicken beta-actin promoter, rabbit beta-globin genomic DNA)

Information2

供与核酸CAG promoter (CMV-IE enhancer, chicken beta-actin promoter, rabbit beta-globin genomic DNA), scimitar-homed oryx PrP cDNA, E. coli neo, rabbit beta-globin splicer, 3 UTR, mouse phosphoglycerate kinase promoter (PGK promoter), E. coli neo, mouse PrnP genomic DNA
Research applicationCardiovascular Research
Mouse Models for Human Disease
提供条件条件を付加する。利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
Depositor小野寺 節(東京大学)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

No Data