Strain Data Sheet

RBRC00657

Information1

Image
BRC No.RBRC00657
TypeWild-derived Inbred
SpeciesMus musculus castaneus
Strain nameHMI/Ms
Former Common name
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainHMI [Mus musculus castaneus]
Appearanceagouti [A/A B/B C/C]
Strain development国立遺伝学研究所より導入。1986年に台湾の和美(Hemei)で捕獲された野生マウスをもとに育成された。遺伝研でF46を経た後,BRCに導入された。寄託後、現在CV+F1、SPF+6を経る。
Strain descriptionキャスタネウスマウス (Mus musculus castaneus) に属する。国立遺伝学研究所より導入。1986年に台湾の和美 (Hemei) で捕獲された野生マウスをもとに育成された野生マウス由来の近交系。力が強く俊敏である。欧米で育成されてきた多くの実験用近交系マウスと比較すると,小型で,マウスが本来持っている俊敏かつ繊細な行動的特徴を有している。ガンや肥満などになりにくい有用な遺伝子を持っていると考えられている。ガン研究,遺伝学研究など幅広く利用されている。
Colony maintenance維持は通常の兄妹交配により行う。通常,同腹仔の場合は離乳と同時に交配を行う。同腹仔以外の場合は雄8-12週齢,雌4-8週齢(交配未経験の場合)で繁殖に供用するとよい。動物の健康管理に心がけ,育成環境の統一を図るために,ケージ収容匹数を一定に保つ。野生由来系統であるため、動きが激しく、素早いため、取り扱いには注意する。とりわけ、ケージ網につかまることが多いため、マウス移動時には注意を必要とする。巣箱を使用すると繁殖性が向上する。
References

Health Report

Examination Date / Room / Rack2022/08/29Room:4-CRack:G
2022/05/31Room:4-CRack:G
2022/03/15Room:4-CRack:G
2021/12/13Room:4-CRack:G
2021/09/13Room:4-CRack:G
2021/06/14Room:4-CRack:G
2021/03/29Room:4-CRack:G
2021/01/05Room:4-CRack:G
2020/10/05Room:4-CRack:G

Gene

Gene info

Information2

供与核酸
Research applicationCancer Research
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
当該リソースを使用した研究成果に基づき特許等の申請を行う場合は、別途協議を行う。利用者は提供承諾書を用いて、事前に寄託者の承諾を得る。(連絡先:マウス開発研究室 小出 剛 <tkoide@nig.ac.jp>)
Depositor城石 俊彦(国立遺伝学研究所)
Strain Status生体のアイコン生体
凍結胚のアイコン凍結胚
凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
生体マウスを3~6ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Click Here for Mouse genomic DNA (RIKEN DNA Bank)
Necessary documents for ordering:
  1. Approval form (Japanese / English)
  2. Order form (Japanese / English)
  3. Category I MTA: MTA for distribution with RIKEN BRC (Japanese / English)

BRC mice in Publications

Nürnberger C, Zimmermann V, Gerhardt M, Staeheli P.
Influenza Virus Susceptibility of Wild-Derived CAST/EiJ Mice Results from Two Amino Acid Changes in the MX1 Restriction Factor.
J Virol 90(23) 10682-10692(2016) 27654285

Bamunusinghe D, Liu Q, Lu X, Oler A, Kozak CA.
Endogenous gammaretrovirus acquisition in Mus musculus subspecies carrying functional variants of the XPR1 virus receptor.
J Virol 87(17) 9845-55(2013) 23824809

Shinmen A, Honda A, Ohkawa M, Hirose M, Ogonuki N, Yuzuriha M, Miki H, Mochida K, Inoue K, Abe K, Ito M, Ogura A.
Efficient production of intersubspecific hybrid mice and embryonic stem cells by intracytoplasmic sperm injection.
Mol Reprod Dev 74(9) 1081-8(2007) 17290420

Mochida K, Hasegawa A, Otaka N, Hama D, Furuya T, Yamaguchi M, Ichikawa E, Ijuin M, Taguma K, Hashimoto M, Takashima R, Kadota M, Hiraiwa N, Mekada K, Yoshiki A, Ogura A.
Devising assisted reproductive technologies for wild-derived strains of mice: 37 strains from five subspecies of Mus musculus.
PLoS One 9(12) e114305(2014) 25470728

Wakisaka N, Inoue K, Ogonuki N, Miki H, Sekita Y, Hanaki K, Akatsuka A, Kaneko-Ishino T, Ishino F, Ogura A.
Ultrastructure of placental hyperplasia in mice: comparison of placental phenotypes with three different etiologies.
Placenta 29(8) 753-9(2008) 18602690