RBRC00153

Information1

Image
BRC No.RBRC00153
TypeTransgene CongenicCartagena
SpeciesMus musculus
Strain nameB6.Cg-Tg(Camk2a-cre)10Kmik/KmikRbrc
Former Common nameC57BL/6-TgN(a-CaMKII-nlCre)/10
H-2 Haplotype
ES Cell line
Background strainC57BL/6JJcl
Appearanceblack
Strain development二木 啓(理研・脳研・発生神経)らの開発による。
Strain description脳において大脳特異的発現があり、大脳の核分画にCre酵素活性を検出。大脳における発現量はライン10, 26>22, 17N>17A, 11, 20の順。 (RT-PCR(半定量的PCRを含む)、ウェスタン、Cre活性アッセイにて発現確認済み) 。発現量及び小脳でのleak発現の量 (多くても大脳の1/10〜1/100以下) は系統によりある程度の差がある。骨格筋、心臓、肝臓での発現なし。
Colony maintenanceB6J × Tg の交配にて維持、繁殖良好。ホモ接合体での維持は未確認。
References

Health Report

Examination Date / Room / Rack2015/11/09Room:4-ARack:G
2015/03/23Room:4-ARack:G
2015/01/19Room:4-ARack:G
2014/11/17Room:4-ARack:G
2014/09/16Room:4-ARack:G
2014/07/14Room:4-ARack:G
2014/05/19Room:4-ARack:G
2014/05/14Room:4-ARack:G

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
crePhage P1 Cre recombinaseUNcremouse Camk2a promoter

Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
nlsSV40 large T antigen nuclear localization signal (NLS)UNnls

Information2

供与核酸mouse a-CaMKII promoter, phage P1 Cre recombinase DNA, Simian virus 40 Large T antigen nuclear localization signal (NLS), poly A
Research applicationCre/loxP system
Neurobiology Research
提供条件条件を付加する。
研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
利用者は寄託者とリソースの利用に関して事前に協議し、承諾書を得る。公表を前提とした学術研究に限る。寄託者との共同研究を基本として利用可能とし、場合により寄託者への謝辞のみで利用可能とする。リソースの論文発表前は共同研究とし、二木啓(Akira Futatsugi)と御子柴克彦(Katsuhiko Mikoshiba)を共同著者として加える。利用者は寄託者の指定論文を引用する。
Depositor御子柴 克彦(理化学研究所脳科学総合研究センター)
Strain Status凍結精子のアイコン凍結精子
Strain Availability凍結精子より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結精子を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.Genotyping protocol -PCR-

BRC mice in Publications

Shioda N, Moriguchi S, Oya T, Ishii Y, Shen J, Matsushima T, Nishijo H, Sasahara M, Fukunaga K.
Aberrant hippocampal spine morphology and impaired memory formation in neuronal platelet-derived growth factor beta-receptor lacking mice.
Hippocampus (2011) 21997856