RBRC00002

Information1

Image
BRC No.RBRC00002
TypeInbred
SpeciesMus musculus
Strain name129/Sv
Former Common name129/Sv
H-2 Haplotypeb
ES Cell line
Background strain129
Appearancewhite-bellied agouti [Aw/Aw B/B C/C]
Strain development国立遺伝学研究所(三島)から129/Sv-Sl-c-pとして理化学研究所(和光)抗生物質研究室の旭研究員が導入、和光動物棟飼育室にて研究用コロニーとして維持されていた。その後、1990年にライフサイエンス棟動物飼育施設(和光)に移動、1998年に理化学研究所ライフサイエンス筑波研究センター実験動物維持施設に導入された。理研筑波に導入時にはSl, c, pはみられず、agouti個体のみであった。その後、近親交配にて維持。
Strain description129S1/Sv-p<+> Tyr<+>.129 inbred strains were derived from crosses of Castle's chinchilla stock and coat color stocks from English fanciers.
Colony maintenance兄妹交配。繁殖はやや難。
References

Health Report

Examination Date / Room / Rack2013/10/21Room:3-BRack:B
2013/08/26Room:3-BRack:B
2013/06/17Room:3-BRack:B
2013/04/15Room:3-BRack:B
2012/12/10Room:3-BRack:B
2012/10/15Room:3-BRack:B
2012/08/27Room:3-BRack:B
2012/06/18Room:3-BRack:B

Gene

Gene info
Gene symbolGene nameChr.Allele symbolAllele namePromoter
null

Information2

供与核酸
Research application
提供条件条件を付加しない。
Depositor尾崎 明(理化学研究所)
Strain Status凍結胚のアイコン凍結胚
Strain Availability凍結胚より作出したマウスを2~4ヶ月以内に提供可能
凍結胚を1ヶ月以内に提供可能
Additional Info.

BRC mice in Publications

Inoue K, Ogura A.
In quest of genomic treasure.
J. Reprod. Dev. (2015) 26400375